記事一覧

HOME > 記事一覧

 選挙で投票できる年齢の下限が20歳から18歳に引き下げられたことを受け,少年法についても,適用年齢を20歳から18歳に引き下げようとする動きがあります。 
しかし,そのような考え方については大きな問題があります。たいていは,民法が18歳になったから一律に18歳にすべきというような安易な議論がなされているように思います。少なくとも,少年非行や更生の現状について正確な知識を持った上で議論がされるべきです。

 あまり知られていませんが,近年,少年事件は激減しています。少年事件の検挙者数は,昭和58年をピークに80%も減少しています。子どもの数が減っているから当然だろうと思われるかもしれませんが、少年人口あたりの発生数で比べても70%も減少しています。
 事件の数が減っていても,凶悪事件は増えているのではないかと思われるかもしれません。しかし,殺人や傷害致死といった重大事件についても,昭和36年のピーク時と比較して89%も減っています。少年人口あたりの発生数でも83%減っています。そもそも,少年事件の大半は,暴走族などの道交法違反,車で人身事故を起こしたときに問われる過失致傷,窃盗の3つで80%を占めており,殺人や傷害致死といった重大事件の占める割合は,わずか0.05%です。

 また,重大事件については,少年であっても成人と同様に裁判員裁判で刑事責任を問われますから,この点については,適用年齢を引き下げる意味がありません。現行法でも18歳の少年に死刑が科せられることもあるのです。

 また,成人が犯罪を犯したときは,刑事裁判で裁かれますが,少年の場合,全件が家庭裁判所に送致されます。少年が犯罪を犯したとき,刑罰を科すことで更生が期待できるものではありません。
 少年犯罪の多くは,育った環境や本人の資質に大きく帰因しています。そのため,各少年ごとに,個別の調査分析をし適切な処遇を決める必要があります。犯罪の内容によって一律に刑罰を科するのではなく,少年の立ち直りにとって最も効果的な処遇がなされるのです。そのため,成人であれば刑務所に行かないような案件でも,少年の場合少年院に送致されることがあり得るのです。
 このように綿密に鑑別・調査がなされて処遇が決定される結果,少年事件は減少を続けています。また,少年院を出院した18歳,19歳の少年の矯正施設再入率は,成人が刑務所を出所して再び入る率よりも低くなっています(少年11%程度,成人18%程度)。

 そもそも,非行少年とは,どのような少年なのでしょうか。
 各種調査によると,非行少年は,一般の少年に比べ,親から虐待されたり,学校でいじめられたり,発達障害的特徴を有するなど何らかのハンディキャップを有することが多いです。学業も芳しくないことが多く,自尊感情に乏しく,劣等感を持っており,自殺願望を有している者もいます。
 また,18歳というのは高校を卒業する時期であり,それまでは学校で何とかやってきた子も,社会に出てうまくいかない自体に直面して非行に走ってしまうこともあります。また,運転免許証を取ることができるようになりますので,不慣れな運転で事故を起こしてしまうこともあります。
 このような少年たちが,社会の中で躓いたからといって刑罰を与えてしまうと,かえって社会復帰が困難となり,健全な社会で生きていくことができなくなってしまいます。むしろ,健全な社会に引き込む努力をすべきなのです。

 そもそも,少年法の適用年齢を18歳に引き下げようとする動機は,民法が18歳にするのだから、他の法律も一律に18歳にすべきだという単純な考えが主なのではないでしょうか。
 しかし,法律というのは,それぞれ制定された趣旨が異なりますので,立法がなされた経緯や趣旨を無視して一律にすべきというのはおかしな話です。例えば,飲酒,喫煙については健康上の問題ですから,これも18歳に引き下げるというのはおかしいと思いませんか。また,民法の中でも,遺言や養子縁組の承諾は15歳からできることになっています。
 少年法の目的は,非行を犯した少年に対し,単に刑罰を与えるのではなく,個々の事情に応じて教育的な処分を行うことによって,少年が健全に成長し再び犯罪を犯さないようにすることです。民法が改正されたから一律に合わせるのではなく,少年法の固有の目的に沿って適用年齢を考えるべきなのです。わかりやすく統一することに何の意味もありません。

平成29年11月27日(月)

  • 接見室からの逃走
  • 受刑者の逃走について(開放的刑事施設のあり方)
  • 複数の強制わいせつ事件につき、求刑を大幅に下回る判決となった事例
  • 電車内の痴漢について、性依存症の治療機関に通所するなどした事案
  • 集団準強姦につき示談により不起訴となった事例
  • 前科あり、複数の盗撮で不起訴処分となった事例
  • 少年による盗撮事件で不処分となった事例
  • AERAムック
  • 執行猶予期間中の再犯のケース
  • 強制わいせつ罪の非親告罪化
  • 再犯防止推進法
  • 複数の未成年者に対する盗撮事件で不起訴となった事例
  • 忘れられる権利とは
  • 強制わいせつ罪の判例変更
  • 少年法の適用年令引き下げについて
  • 『入門 犯罪心理学』 著者 原田隆之  ちくま新書
  • 麻薬の輸入を企てた事件で、実刑判決となった事例
  • 非行・犯罪の心理臨床
  • 発達障害と犯罪
  • 「ハームリダクション」とは何か
  • 殺人未遂罪で逮捕後、示談により不起訴となった事例
  • 「男が痴漢になる理由」
  • 他人名義のカード使用(詐欺罪)で不起訴となった事例2
  • 他人名義のカード使用(詐欺罪)で不起訴となった事例1
  • 6回目の万引きで執行猶予付の判決となった事例
  • 公務員による強姦未遂,強制わいせつなど3件の事例
  • 18歳未満の年少者を宴席で働かせたとして労働基準法違反となった事例
  • 傷害罪・恐喝罪で執行猶予判決となった事案
  • 万引きを繰り返し公判請求された事例
  • 略式起訴寸前で処分が覆った事例(青少年保護育成条例違反)
  • 住居侵入事件で示談により不起訴となった事例
  • 被害者が被害届を提出する前に、示談により事件化を防いだ事例
  • 傷害罪で罰金刑となった事案
  • 強制わいせつ罪で告訴取り下げにより不起訴となった事例
  • 覚せい剤 再犯 執行猶予 覚せい剤使用の3年以内の再犯で執行猶予判決となった事案
  • 強姦神話とは
  • 執行猶予中の盗撮事件で略式起訴となった事例
  • 性犯罪の3回目の犯行で性依存症の治療につなげた事例
  • 仮釈放について
  • 司法取引について
  • 不起訴処分について
  • 依存症を治療する様々な方法について
  • クレプトマニアとは
  • 性依存症とは
  • 性犯罪の厳罰化について
  • 3度目の盗撮で不起訴。逮捕後、準抗告により勾留取消となった事例
  • 刑務所と福祉
  • 「刑の一部執行猶予制度について」
  • 「保護観察所の専門的処遇プログラム」
  • 有印公文書偽造・同行使・詐欺罪
  • 売られた喧嘩でも傷害罪
  • 生活苦による万引き
  • 傷害罪で示談成立により不起訴になった事例
  • 大麻所持
  • 覚せい剤中毒
  • 無銭飲食(詐欺罪)
  • ポケモンGOと刑事事件
  • 児童買春
  • 高畑裕太容疑者と強姦致傷罪
  • 友人間の窃盗
  • 加害者の友人・家族
  • 盗撮の再犯で不起訴。示談、性依存症の治療計画など
  • 強姦・強制わいせつ事件で3件の示談が成功した事例
  • 盗撮事件(迷惑防止条例違反)、示談成立により不起訴
  • 盗撮事件(迷惑防止条例違反),示談成立により不起訴
  • 横領事件で勤務先と交渉し示談成立
  • 盗撮の再犯で不起訴(迷惑防止条例違反)
  • 覚せい剤使用(再犯)・執行猶予
  • 自動車運転過失致死(ひき逃げ)で被害者参加しました
  • 覚せい剤使用の再犯で執行猶予判決となった事例
  • 電車内での盗撮事件(迷惑防止条例違反)不起訴
  • 路上の痴漢(強制わいせつ罪2件)で執行猶予判決となった事案
  • 電車内の痴漢(強制わいせつ罪)で執行猶予判決となった事案
  • 児童への痴漢行為(迷惑防止条例)不起訴
  • 保険金詐欺(未遂)・執行猶予
  • 住居侵入(覗き・盗撮)執行猶予
  • 電車内での痴漢(迷惑防止条例違反)不起訴
  • 盗撮・同種前科あり、示談せず不起訴となった事案
  • 盗撮・同種前科あり、被害者2名との示談が成立し、不起訴となった事案
  • 殺人事件の被害者遺族
  • 神社の神職が盗撮容疑で逮捕
  • ひき逃げの救済手段
  • ひき逃げによる転落
  • 危険ドラッグの危険性
  • 窃盗の累犯~執行猶予
  • 留置場内での交流~覚醒剤中毒者
  • えん罪のはずが窃盗犯に
  • 盗撮事件(迷惑防止条例違反)の再犯 不起訴
  • 暴行脅迫による借金取り立て
  • 覚せい剤~初めての使用でいきなり逮捕
  • お酒が原因となった犯罪~傷害罪
  • 万引きで逮捕→勾留前に釈放
  • タイヤ泥棒~若気の至りでは済まされません
  • 美人局の盗撮バージョン?
  • 器物損壊罪~弁護士による示談交渉
  • 電車内での痴漢えん罪
  • 傷害の被害者転じて恐喝の加害者へ
  • 告訴と被害届の違い~名誉毀損罪
  • 下着ドロとの示談~窃盗被害の体験
  • 詐欺・恐喝被害に遭った体験談
  • インターネットによる誹謗中傷~名誉毀損罪
  • 突然の交通事故~被害者も加害者も弁護士にご相談を
  • 万引き(窃盗罪・刑法235条)で逮捕されることもあります
  • 他人名義の口座作成~銀行に対する詐欺
  • 強制わいせつ罪2件、執行猶予判決
  • 威力業務妨害・偽計業務妨害~練馬区HPへの書き込み事件から
  • 1人の女性に2人の痴漢~痴漢犯人同時逮捕
  • 非現住建造物放火~自己所有の場合
  • 賄賂の罪~美濃加茂市長の初公判~
  • 盗撮に失敗した場合~未遂でも処罰されるか
  • 心神喪失・心神耗弱とは~責任能力の刑事弁護
  • 最近の事件から~傷害致死と殺人の故意
  • 交通事故犯罪~危険運転致死罪と自動車運転死傷行為処罰法
  • DNA鑑定の信用性
  • 採用情報
  • 犬は家族というけれど~器物損壊
  • スーパー銭湯で女児を盗撮した男性逮捕~児童ポルノ禁止法違反
  • 前科とは何か? 前科を付けない弁護活動。
  • 痴漢により逮捕・起訴されたが無罪判決となった事例
  • 恐喝により逮捕されたが不起訴となった事例
  • 大麻栽培により逮捕されたが不起訴となった事例
  • ひき逃げにより逮捕されたが不起訴となった事例
  • 窃盗で逮捕されたが起訴猶予処分となった事例
  • 盗撮(迷惑防止条例違反)で不起訴となった事案
  • 連続強盗で、酌量減刑により、 法定刑の下限を下回る判決
  • 覚せい剤使用で執行猶予判決となった事例
  • 全治6ヶ月の傷害を負わせた事件で、執行猶予判決
  • 公務執行妨害,傷害, 強制わいせつ等で執行猶予判決となった事案
  • 下着ドロで執行猶予付判決となった事例
  • 少年事件
  • 痴漢えん罪事件
  • 脱法ドラッグ?合法ドラッグ?
  • リンカーン弁護士
  • ホリエモン仮釈放
  • 羽賀研二、未公開株詐欺事件
  • 投資詐欺
  • 自白の心理学
  • 検視官というお仕事
  • 覚せい剤の恐怖
  • 風邪薬から覚せい剤?
  • 痴漢プレイで逮捕
  • しずかちゃんの裸は児童ポルノか?
  • 脱法ドラッグと危険運転致死傷罪
  • 強制起訴!
  • 土下座を強要したら犯罪?
  • 交通事故の犯罪の名称が変わります
  • 治療的司法~ドラッグコートとは
  • ひき逃げされてしまったら
  • 痴漢無罪判決 朝日新聞記事
  • 痴漢無罪判決 季刊刑事弁護
  • 週刊朝日Mook 
  • 詐欺業者からの被害回復
  • 投資詐欺 被害者 
  • 窃盗事件・執行猶予
  • 盗撮(同種前科あり)不起訴
  • 強制わいせつ事件・執行猶予
  • 窃盗・執行猶予
  • 傷害事件・執行猶予
  • 窃盗・執行猶予
  • 大麻所持・不起訴
  • 詐欺事件・被害者
  • 自首・児童買春・不起訴 
  • 電車内の痴漢・不起訴
  • 少年・痴漢・不処分
  • 日経キャリアマガジン
  • 詐欺事件・被害者
  • 迷惑防止条例違反・罰金
  • 痴漢事件・無罪
  • 傷害事件・被害者
  • 弁護士宮本大祐コラム

    対応エリア

    愛知県全域

    名古屋市・半田市・東海市・ 知多市・大府市・常滑市・ 一宮市・岡崎市等

    地図・アクセスはこちら

    愛知県全域地図

    新着記事一覧過去の履歴

    アイコン罪名別のご案内罪名別の詳細や弁護方針についてご案内しております。 詳細については下記をクリックしてご覧ください。

    ご相談・お問合せはこちらへ 052-684-7895

    このページのトップへ