弁護士の選び方

HOME > 弁護士の選び方

こちらではお客さまからよくいただくご質問を紹介いたします。

1.大規模事務所か、小規模事務所か?

事務所の規模よりも、弁護士個人の能力が重要です。

 大規模事務所は、繁盛していそうで何となく安心というイメージを持つ方もいるかもしれません。

 しかし、刑事事件の事件処理は、チームを組んで解決にあたることは滅多にありません。裁判員裁判の場合は、2人の弁護士がコンビを組むことが多いですが、それ以外の事件では、単独で事件処理することがほとんどです。

 この点、全国に支店を展開している大規模事務所の場合、本当に刑事事件に精通している弁護士はごくわずかで、所属している弁護士の大半が経験の浅い弁護士であることが多いです。

 また、離婚も交通事故も債務整理も、といった総合デパートのような事務所では、様々なジャンルを扱っているため、たまたま担当になった弁護士が刑事事件に精通しているとは限りません。所属している弁護士全員が優秀であるとも思えません。また、弁護士が退所してしまった場合、引継ぎで途中から違う弁護士に交代してしまうということもあるかもしれません。

 したがって、刑事事件の弁護士を選ぶ際には、事務所の規模ではなく、弁護士個人の得意分野等を調べて選ぶべきです。

2.性格的な相性は?

最も重要なポイントです。

 依頼者が弁護士に相談をするのは一生のうちに1度か2度くらいだと思います。また、話す内容も深刻だったりデリケートなものが多いです。ですから、話をしやすい、話を聞いてくれる弁護士を選ぶことはとても大切です。

 依頼者は、法律の素人ですから、こんなことを聞いて良いのだろうか、こんなことは話すべきじゃないのではないか、と躊躇してしまいがちです。しかし、何も遠慮することはないですし、話さなかったことが実は大事なことだったということも往々にしてあります。

 弁護士は職人気質の人が多く、ぶっきらぼうな対応をしてしまう人もいます。そのような人に限って能力が高いということもあるかもしれませんが、弁護士にとって何よりも大切なのは、依頼者の身になって熱心に事件処理に取り組むということです。そのような姿勢があれば、自然と依頼者に寄り添った話ぶりになるはずです。

このページのトップへ

3.忙しい弁護士は避ける?

極端に忙しい弁護士は避けた方が無難。

 弁護士は、一般的に忙しい人が多いですから、暇な弁護士を探すのは難しいかもしれません。むしろ、暇な弁護士は、人気がない弁護士とも言えますから、避けた方が無難かもしれません。

 もっとも、例えば、弁護士会の要職に付いている弁護士などは、あまりにも忙しすぎて、個々の事件処理に熱心に取り組むことができないように思います。依頼者との連絡がおろそかになったり、部下の弁護士に任せきりということもあるでしょう。これでは、せっかく名のある弁護士に頼んだ意味がありません。

 忙しくとも、クイックレスポンスが可能な弁護士を選ぶ方が良いと思います。

このページのトップへ

4.依頼者に不利な情報も教えるか?

安請負をする弁護士は、避けた方が無難です。

 弁護士の中には、誰がやっても勝てないような事件を受任し、負け判決が出たときには、相手方や裁判所のせいにして言い逃れをする輩もいます。それでも着手金だけは手に入るため、着手金ビジネスなどと呼ばれたりします。

 依頼者に不利な事情は、話づらいですが、きちんと説明して、その対策や見通しについても説明してくれる弁護士が良い弁護士と思います。

このページのトップへ

5.費用についての説明が明確か?

費用を明示しない弁護士はトラブルの元です。

 当たり前のことなのですが、従前、弁護士の数がまだ少なかった頃は、費用について明示しない弁護士も多くいたと聞きます。おそらく、弁護士の敷居が高く、依頼者もはっきり聞きづらい部分であるため、弁護士の言い値で支払うということがまかり通っていたのでしょう。

 依頼者も気にしているところですので、弁護士が説明をしないときは、納得がいくまで尋ねるべきです。

 また、費用が安いという理由で選ぶのもどうかと思います。安かろう悪かろうではないと信じたいですが、弁護士の仕事はすべて手作業ですので、効率よく薄利多売することはできません。着手金が安い場合は、準抗告や保釈といった、依頼者に馴染みのない手続きの度に追加で報酬が発生する仕組みの事務所もあります。トータルでいくらくらいかかりそうか、事前に尋ねることは必須です。

このページのトップへ

6.若手弁護士か、ベテラン弁護士か?

一概にどちらが良いとは言えません。

 一般的に、ベテラン弁護士は、経験的に得られるノウハウの蓄積があるため、安心できるイメージがあります。

 しかし他方で、法律や裁判例は、日々刻々と改正や変更があるため、常にアップデートし続けるのはなかなか大変です。かつては優秀な成績で試験に合格した秀才も、年とともに柔軟性を失っていくことは否めません。また、ベテラン弁護士の中には、妙に偉くなってしまい、尊大な態度で依頼者に接する人も多くいます。また、忙しすぎてなかなか動いてくれないこともあるかもしれません。

 一方、若手弁護士の場合、一般的に、フットワークが軽く、事件にも熱心に取り組む人が多いように思います。また、若手といっても、さすがに新人はどうかと思いますが、3年も経てば、一般的な事件についてはある程度のノウハウは身につけているものですし、事件処理に失敗するということは、滅多に起きないといえます。

 また、弁護士会が主催する法律相談では、若手弁護士の方が、相談者の満足度が高いというデータがあります。

 いずれにせよ、一長一短ですので、経験年数だけでは一概には決められないと思って下さい。

このページのトップへ

7.男性弁護士か、女性弁護士か?

男性か女性かは、弁護士の能力には全く関係ない。

 もっとも、性犯罪の場合、加害者は、男性弁護士の方が相談しやすいでしょうし、被害者は、女性弁護士の方が話しやすいということはあるかもしれません。

 若い女性弁護士の場合、なめられるのではないか、という心配をする方もいますが、女性だからというよりも、性格的な部分の方が大きいと思います。

 やはり、性別よりも、能力や相性で選ぶべきでしょう。

このページのトップへ

8.契約書を作成するか?

契約書を作成しない弁護士は、後々トラブルの元になる可能性があります。

 たくさんのお金を支払って弁護を依頼するのに、口約束だけで契約を成立させるのはリスクが伴います。

 当たり前のことなのですが、現在でも、契約書を作らずに事件処理をしてしまう古いタイプの弁護士はたくさんいます。

 契約書を作ろうとしない弁護士は避けた方が無難でしょう。

このページのトップへ

弁護士宮本大祐コラム

対応エリア

愛知県全域

名古屋市・半田市・東海市・ 知多市・大府市・常滑市・ 一宮市・岡崎市等

地図・アクセスはこちら

愛知県全域地図

新着記事一覧過去の履歴

アイコン罪名別のご案内罪名別の詳細や弁護方針についてご案内しております。 詳細については下記をクリックしてご覧ください。

ご相談・お問合せはこちらへ 052-684-7895

このページのトップへ