わいせつ・性犯罪 – 痴漢02

HOME > わいせつ・性犯罪 – 痴漢02

4痴漢事件の解決事例

このページのトップへ

このページのトップへ

5 痴漢事件のQ&A

捕まった件以外にも余罪があるのですが、発覚したら重く処罰されますか?

痴漢事件は、今回が初めてであるという人よりも、何度もやっているうちに見つかってしまったという人の方が多いです。
 余罪については、被害者から被害届が出ているか否かというのがポイントです。類似の事件が起きていれば、警察が把握していますので、その点についても立件されれば、当然、処罰は重くなります。

 痴漢をした際、取り押さえられそうになったため逃げました。この後どうなるのでしょうか?

痴漢をした状況、逃走した状況により異なります。
 全く、情報を残さずに逃走した場合であれば、結果的に逮捕を免れられることもあります。しかし、被害者の衣服に犯人の体液や微物が付着していたり、駅構内で防犯カメラに写っていたり、犯人のことを知っている目撃者がいる場合などは、容疑がかかる可能性を否定できません。
 刑を軽くしたり、逮捕を避けるために自首するという方法もありますが、自首したからといって、必ずしも刑が軽くなるとも言い切れず、また、立件される可能性との対比からも、事件ごとに具体的に検討する必要があります。

家族に内緒にしておくことはできるでしょうか?

逮捕されていないケースであれば、内緒にしておくことができることもあります
 もっとも、発覚時に、警察に任意同行され、家族の人に迎えに来てもらったという場合には、伝わってしまいます。
また、刑を軽くするために、家族の人に再犯を予防するために監督しますという内容の上申書を書いてもらうことがあります。裁判になれば、証人として出廷をお願いするかもしれません。
 家族の協力が得られないということは、このような有利な情状を作っていくことができなくなりますので、家族に伝えるかどうかは、最終的にはご本人の判断ということになります。

痴漢をしたらマスコミで報道されてしまうのでしょうか。

軽微な行為の場合、逮捕されなければ、報道される可能性は低いです。
しかし、逮捕されるようなケースですと、報道されてしまう可能性を否定できません。
 特に、公務員や裁判官、僧侶など、高い倫理観が求められる職業に就いている方の場合、報道されるリスクが高まります。
 報道されるタイミングとしては、①逮捕時、②検察への送致時、③判決時などが考えられます。
 弁護士から捜査機関に、マスコミへリークしないよう申し入れをすることもありますが、奏功せず報道されてしまうこともあります。

痴漢をしたら勤務先に発覚してしまうのでしょうか。

逮捕されずに在宅で捜査が進んでいる場合は、自分から申告しない限り発覚しないことが多いです。
もっとも、履歴書に「賞罰」の欄があるように、本来、前科がついたような場合は、会社に申告しなければなりません。しかしながら、軽微な痴漢の場合は、罰金刑がほとんどであるのに対し、会社による懲戒処分は、それ以上に重く、場合によっては解雇されることもあります。
そのため、多くの方は、できるだけ会社には内緒にして生活を守るという選択をされます。この点について、弁護士は、立場上、会社に対し、「嘘を付きなさい」と指導することはできませんが、依頼者の方針を尊重するようにしています。

このページのトップへ

6法定刑・関連条文

愛知県迷惑防止条例(公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例)
第二条 2 何人も、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、故なく、人を著し
くしゆう恥させ、又は人に不安を覚えさせるような方法で、次に掲げる行為をしてはなら
ない。

一 人の身体に、直接又は衣服その他の身に付ける物(以下「衣服等」という。)の上か
ら触れること。
二 衣服等で覆われている人の身体又は下着をのぞき見し、又は撮影すること。
三 前二号に掲げるもののほか、卑わいな言動をすること。
第十六条 第二条第二項又は第三項の規定に違反した者は、六月以下の懲役又は五十万円
以下の罰金に処する。
2 常習として前項の違反行為をした者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処す
る。

刑法(強制わいせつ)

第百七十六条 十三歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者
は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした
者も、同様とする。

刑法(強制わいせつ等致死傷)

第百八十一条  第百七十六条若しくは第百七十八条第一項の罪又はこれらの罪の未遂罪
を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は三年以上の懲役に処する

刑法(公然わいせつ)

第百七十四条  公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の懲役若しくは三十万円以
下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

弁護士宮本大祐コラム

対応エリア

愛知県全域

名古屋市・半田市・東海市・ 知多市・大府市・常滑市・ 一宮市・岡崎市等

地図・アクセスはこちら

愛知県全域地図

新着記事一覧過去の履歴

アイコン罪名別のご案内罪名別の詳細や弁護方針についてご案内しております。 詳細については下記をクリックしてご覧ください。

ご相談・お問合せはこちらへ 052-684-7895

このページのトップへ