記事一覧

HOME > 記事一覧

『非行・犯罪の心理臨床』 著者:藤岡淳子 日本評論社

 著者は,法務省強制局,刑務所,少年鑑別所,少年院などで要職を歴任し,矯正,非行臨床の現場で活躍してこられた方です。臨床心理士であり,現職は,大阪大学大学院人間科学研究科教授でおられます。
 特に,性犯罪の治療教育の第一人者であり,私も事件の関係で藤岡先生に貴重な助言を得たことがあります。
 本書は,先生の研究成果をコンパクトにまとめた論文集のような体裁ですので,非行,犯罪の回復の現場の最前線を知るのにうってつけの本です。

 以下,簡単に抜粋して紹介してみます。矢印以下は宮本の解説です。

 『ある学校の教師が、「一度性非行をした子どもは、ほぼ必ず、九〇%以上再犯する」と述べているのを耳にしたことがあるが、それは事実ではない。性非行をした子どもや少年少女の再犯率は、成人の再犯率よりも有意に低い。他の深刻な非行歴や行為障害の既往歴のない場合、五年以上たっても八~一五%の再犯率であり、非行行動パターンをもつ場合、五〇%が非行行動の問題を持ち続けているが、性犯罪の再犯とは限らない。性問題行動のある子どもと性非行のある少年少女の多くが、性暴力行動を続けて成人の性犯罪者になるわけではない。』

→ 性犯罪は再犯率が高い,と単純に語られることがありますが,覚せい剤や窃盗など,他の犯罪と比較しても目立って高いわけではありません。さらに,少年については可塑性があるため,成人の再犯率よりも低くなるのでしょう。

『「一定の行動に対して、一定の働きかけをすれば、一定の変化(再犯率低下)を得ることができる」ことが達成されるようになった背景には、リスク・ニーズ・レスポンシビティ(反応性)の原則(RNR原則)が見出されたことがある。すなわち、無闇に働きかけるのではなく、犯罪・非行の原因となるリスクに働きかける必要がある、ということである。変わる可能性のあるリスクは、裏返すとそこに介入する必要があるニーズとなる。』

 『こうした回避のパターンを越えるために考案されているのが、グッドライフ・モデル(good lives model)である。従前の自己制御モデルと組み合わせて使われるものであるが、自分にとって重要なもの、人生で得たいものについて考え、単に再犯を回避するのではなく、達成可能な目標と、よりよい、豊かな人生の実現に向けて積極的な活動を推進することを強調している。ロゴ・セラピーを想起させるような生命、知識、仕事と遊び、自己選択と自立、心の平安、親密な関係、コミュニティ、精神性、幸福、創造性という一般的な一〇の価値と人生の目標を、自分自身にとっての意味という面から再考するところに特徴がある。グッドライフ・モデルは、現在のポジティブ・サイコロジーなどの影響も受けつつ、行動変容のための動機づけに関して新たな方向性を取り入れたものと評価できよう。』

→ 逆に,非行少年を凶悪犯罪者と面会させることで将来の非行を防止しようとするスケアード・ストレイト・プログラムというものがあります。一見すると,自分の将来を考えるきっかけとなり効果がありそうですが,実際には,再犯を促してしまうという結果となっています。
 この点,グッドライフモデルのように,ポジティブな目標を掲げて活動する方が良い結果となるのですね。

 『しかし、衝動制御への介入は、専門家が治すという医療モデルでは対応しきれない。「病気やけがを治すこと。また、そのための医学的措置」という意味での「治療」という言葉を使い続けることは、自己制御モデルを実施する際には、逆効果となると考えている。
 グッドライフ・モデルでは、「心しておくべき最も大切なことは、真の変化はあなたの内にある、ということです。周りの人はあなたを助けることはできますが、自身の人生を変える決断をできるのはあなたしかいません。性犯罪者のアセスメント(評価)と治療の専門家はたくさんいますが、あなたがどんな人であり、どんな人になりたいかについての真の専門家は、あなた自身しかいないのです」とし、専門家の助言を受け入れるかどうかも自身の判断だと強調している。自己制御モデルは、本人が本人の専門家になることを支援するモデルと考えられる。』

→ 依存症の治療や回復モデルは,インフルエンザのようにワクチンを接種すれば治るというものではなく,本人が継続的に回復に向けて努力することが必要となります。また,本人のみならず支援者の協力も大変重要です。

 『そうした本人の動機づけを重視するようになった背景の一つには、回復モデルの影響がある。回復モデルとは、困難と折り合い、自己の生を充実させていくことを目指す、自助グループなど当事者主体の方法であり、変化への希望、12ステップなどに示される回復の地図、回復の「旅」の仲間、新たな役割の取得などに特徴がある。』 

 『この二つはいずれも主として、個人に働きかけていくものであるが、どちらも「エンパワー」という言葉が鍵となると考えている。そして、エンパワーは、個人の持てる力の発揮を妨げる社会や環境の要因に働きかけていくことを包んでいる。社会モデルと呼ばれるものは、個人の側の要因よりも、社会の側の要因を重視し、環境や状況を変えることによって問題を解決しようとする。修復的司法の具体的手法である対話も、話し合いをする人々の力を信頼することが前提となる。
 この三つのモデルは、強調点や方向性は異なる面もあるが、個人と環境の両方に働きかけていくことが、(性)暴力行動の変化という課題には最も効果的であることは言うまでもない。』

 『最後になるが、RNRアプローチに加えて近年注目されているのは、「犯罪者たちはいつでも犯罪をしているわけではないし、すべての犯罪者は、いずれ犯罪行動から離れる」という犯罪からの離脱理論である。一度犯罪を行って司法手続きに係属すると、その人は「犯罪者」としてラベルを貼られ、いつでも犯罪をしているかのようにみられがちであるが、個人としての生活時間を見れば、犯罪に使っている時間はごくわずかで、他のほとんどの時間は日常生活に費やされていることがわかる。
 また、犯罪の多くは一〇代後半から三〇代の男性によるものであり、集団型非行少年のように、「成熟」によって自然に犯罪を手放していく人たちもいる。中には、犯罪が生活の中心になっているような人もいるにはいるが、彼らとて、加齢や病気によって犯罪行動ができなくなっていく。いずれにせよ、犯罪者を普通の人たちとは異なるモンスターとみるのは、恐れが作り出した幻想に過ぎないというのが、現代の犯罪心理学の知見である。』

→ 刑事司法に触れることのない一般人は,マスコミを通じてしか犯罪を知ることができません。しかし,実際に弁護活動を通じて,犯罪者と向き合うと,多くの場合,犯罪者もごく普通の一般人です。モンスターとして排斥するのではなく,治療,回復という視点をが重要です。

 『認知行動療法的アプローチでは、生活歴の振り返りとその自己開示を強調しているプログラムもあるにはあるが、被虐待体験やその影響といったことは集中しては扱わないことも多い。あくまで性暴力行動に焦点をあてて、その背景にある認知を中心的に扱うことによって性暴力行動の変化を促す。それに対し、次に述べる治療共同体アプローチでは、症状としての行動ではなく、全体としての人を扱い、特に感情を認識し、人と関わり、人間的に成長することを目指すと述べ、被虐待体験やトラウマ体験の仲間への開示と、そこからの回復が強調されている。』

 『認知行動療法のグループでも、治療共同体のサークルでも、そこでの話し合いの目的は、分析でもなく、議論に勝つことでもない。対話の目的は、自分の意見を目の前に掲げて、それを見ること、個々人が抱いている「想定」をいったん保留にして、思考に注意を払い、個人と集団の思考プロセスを変えることにある。思考は、あらゆるものを分離し、断片化してしまうが、グループでは、思考と感情、自己と関係性の両方を、全体的に、同時に扱うことができる。つまり、入口と登山道は別であるが、認知行動療法も治療共同体も、安全で安定した場を作り、その関係性とそこで回復した人のモデルがもたらす希望を支えに、加害と被害両方の暴力体験を開示し、その意味を問い直し、再統合して、感情・思考・統制力等の発達を図っているものと考えられる。話すことは「離す・放す」ことであり、聞くことは「効く・利く」ことである。』

2017年9月30日

  • 非行・犯罪の心理臨床
  • 発達障害と犯罪
  • 「ハームリダクション」とは何か
  • 殺人未遂罪で逮捕後、示談により不起訴となった事例
  • 「男が痴漢になる理由」
  • 他人名義のカード使用(詐欺罪)で不起訴となった事例2
  • 他人名義のカード使用(詐欺罪)で不起訴となった事例1
  • 6回目の万引きで執行猶予付の判決となった事例
  • 公務員による強姦未遂,強制わいせつなど3件の事例
  • 18歳未満の年少者を宴席で働かせたとして労働基準法違反となった事例
  • 傷害罪・恐喝罪で執行猶予判決となった事案
  • 万引きを繰り返し公判請求された事例
  • 略式起訴寸前で処分が覆った事例(青少年保護育成条例違反)
  • 住居侵入事件で示談により不起訴となった事例
  • 被害者が被害届を提出する前に、示談により事件化を防いだ事例
  • 傷害罪で罰金刑となった事案
  • 強制わいせつ罪で告訴取り下げにより不起訴となった事例
  • 覚せい剤 再犯 執行猶予 覚せい剤使用の3年以内の再犯で執行猶予判決となった事案
  • 強姦神話とは
  • 執行猶予中の盗撮事件で略式起訴となった事例
  • 性犯罪の3回目の犯行で性依存症の治療につなげた事例
  • 仮釈放について
  • 司法取引について
  • 不起訴処分について
  • 依存症を治療する様々な方法について
  • クレプトマニアとは
  • 性依存症とは
  • 性犯罪の厳罰化について
  • 3度目の盗撮で不起訴。逮捕後、準抗告により勾留取消となった事例
  • 刑務所と福祉
  • 「刑の一部執行猶予制度について」
  • 「保護観察所の専門的処遇プログラム」
  • 有印公文書偽造・同行使・詐欺罪
  • 売られた喧嘩でも傷害罪
  • 生活苦による万引き
  • 傷害罪で示談成立により不起訴になった事例
  • 大麻所持
  • 覚せい剤中毒
  • 無銭飲食(詐欺罪)
  • ポケモンGOと刑事事件
  • 児童買春
  • 高畑裕太容疑者と強姦致傷罪
  • 友人間の窃盗
  • 加害者の友人・家族
  • 盗撮の再犯で不起訴。示談、性依存症の治療計画など
  • 強姦・強制わいせつ事件で3件の示談が成功した事例
  • 盗撮事件(迷惑防止条例違反)、示談成立により不起訴
  • 盗撮事件(迷惑防止条例違反),示談成立により不起訴
  • 横領事件で勤務先と交渉し示談成立
  • 盗撮の再犯で不起訴(迷惑防止条例違反)
  • 覚せい剤使用(再犯)・執行猶予
  • 自動車運転過失致死(ひき逃げ)で被害者参加しました
  • 覚せい剤使用の再犯で執行猶予判決となった事例
  • 電車内での盗撮事件(迷惑防止条例違反)不起訴
  • 路上の痴漢(強制わいせつ罪2件)で執行猶予判決となった事案
  • 電車内の痴漢(強制わいせつ罪)で執行猶予判決となった事案
  • 児童への痴漢行為(迷惑防止条例)不起訴
  • 保険金詐欺(未遂)・執行猶予
  • 住居侵入(覗き・盗撮)執行猶予
  • 電車内での痴漢(迷惑防止条例違反)不起訴
  • 盗撮・同種前科あり、示談せず不起訴となった事案
  • 盗撮・同種前科あり、被害者2名との示談が成立し、不起訴となった事案
  • 殺人事件の被害者遺族
  • 神社の神職が盗撮容疑で逮捕
  • ひき逃げの救済手段
  • ひき逃げによる転落
  • 危険ドラッグの危険性
  • 窃盗の累犯~執行猶予
  • 留置場内での交流~覚醒剤中毒者
  • えん罪のはずが窃盗犯に
  • 盗撮事件(迷惑防止条例違反)の再犯 不起訴
  • 暴行脅迫による借金取り立て
  • 覚せい剤~初めての使用でいきなり逮捕
  • お酒が原因となった犯罪~傷害罪
  • 万引きで逮捕→勾留前に釈放
  • タイヤ泥棒~若気の至りでは済まされません
  • 美人局の盗撮バージョン?
  • 器物損壊罪~弁護士による示談交渉
  • 電車内での痴漢えん罪
  • 傷害の被害者転じて恐喝の加害者へ
  • 告訴と被害届の違い~名誉毀損罪
  • 下着ドロとの示談~窃盗被害の体験
  • 詐欺・恐喝被害に遭った体験談
  • インターネットによる誹謗中傷~名誉毀損罪
  • 突然の交通事故~被害者も加害者も弁護士にご相談を
  • 万引き(窃盗罪・刑法235条)で逮捕されることもあります
  • 他人名義の口座作成~銀行に対する詐欺
  • 強制わいせつ罪2件、執行猶予判決
  • 威力業務妨害・偽計業務妨害~練馬区HPへの書き込み事件から
  • 1人の女性に2人の痴漢~痴漢犯人同時逮捕
  • 非現住建造物放火~自己所有の場合
  • 賄賂の罪~美濃加茂市長の初公判~
  • 盗撮に失敗した場合~未遂でも処罰されるか
  • 心神喪失・心神耗弱とは~責任能力の刑事弁護
  • 最近の事件から~傷害致死と殺人の故意
  • 交通事故犯罪~危険運転致死罪と自動車運転死傷行為処罰法
  • DNA鑑定の信用性
  • 採用情報
  • 犬は家族というけれど~器物損壊
  • スーパー銭湯で女児を盗撮した男性逮捕~児童ポルノ禁止法違反
  • 前科とは何か? 前科を付けない弁護活動。
  • 痴漢により逮捕・起訴されたが無罪判決となった事例
  • 恐喝により逮捕されたが不起訴となった事例
  • 大麻栽培により逮捕されたが不起訴となった事例
  • ひき逃げにより逮捕されたが不起訴となった事例
  • 窃盗で逮捕されたが起訴猶予処分となった事例
  • 盗撮(迷惑防止条例違反)で不起訴となった事案
  • 連続強盗で、酌量減刑により、 法定刑の下限を下回る判決
  • 覚せい剤使用で執行猶予判決となった事例
  • 全治6ヶ月の傷害を負わせた事件で、執行猶予判決
  • 公務執行妨害,傷害, 強制わいせつ等で執行猶予判決となった事案
  • 下着ドロで執行猶予付判決となった事例
  • 少年事件
  • 痴漢えん罪事件
  • 脱法ドラッグ?合法ドラッグ?
  • リンカーン弁護士
  • ホリエモン仮釈放
  • 羽賀研二、未公開株詐欺事件
  • 投資詐欺
  • 自白の心理学
  • 検視官というお仕事
  • 覚せい剤の恐怖
  • 風邪薬から覚せい剤?
  • 痴漢プレイで逮捕
  • しずかちゃんの裸は児童ポルノか?
  • 脱法ドラッグと危険運転致死傷罪
  • 強制起訴!
  • 土下座を強要したら犯罪?
  • 交通事故の犯罪の名称が変わります
  • 治療的司法~ドラッグコートとは
  • ひき逃げされてしまったら
  • 痴漢無罪判決 朝日新聞記事
  • 痴漢無罪判決 季刊刑事弁護
  • 週刊朝日Mook 
  • 詐欺業者からの被害回復
  • 投資詐欺 被害者 
  • 窃盗事件・執行猶予
  • 盗撮(同種前科あり)不起訴
  • 強制わいせつ事件・執行猶予
  • 窃盗・執行猶予
  • 傷害事件・執行猶予
  • 窃盗・執行猶予
  • 大麻所持・不起訴
  • 詐欺事件・被害者
  • 自首・児童買春・不起訴 
  • 電車内の痴漢・不起訴
  • 少年・痴漢・不処分
  • 日経キャリアマガジン
  • 詐欺事件・被害者
  • 迷惑防止条例違反・罰金
  • 痴漢事件・無罪
  • 傷害事件・被害者
  • 弁護士宮本大祐コラム

    対応エリア

    愛知県全域

    名古屋市・半田市・東海市・ 知多市・大府市・常滑市・ 一宮市・岡崎市等

    地図・アクセスはこちら

    愛知県全域地図

    新着記事一覧過去の履歴

    アイコン罪名別のご案内罪名別の詳細や弁護方針についてご案内しております。 詳細については下記をクリックしてご覧ください。

    ご相談・お問合せはこちらへ 052-684-7895

    このページのトップへ